NOKIA IP Telephony System

[ NOKIA IP Telephony system ] [ CISCO VoIP system ] [ H.323 関連 ] [ b a c k ]



ここではNOKIA社(本社フィンランド、携帯電話製造ではシェア世界No.1)のIP Telephony Systemを取り上げます。
本製品は元々カナダのVienna社によって製造・販売されていたのですが、98年10月にVienna社がNOKIA社に買収されるとともにNOKIA社に移りました。
NOKIA IP Telephony systemの現在のバージョンは以下の通りです。
今回はシステムのリモート管理を前提に考えsolaris 2.5.1版を評価しました。

表-1.NOKIA IP Telephony system OS対応表
対応OSVersionPackages今回評価したPackage Version
Solaris 2.5.11.1VSserverrc2.7.0 build 367 (表記上は1.1)
VSsnode 2.1.0 build 379 (〃)
VSconfigure2.1.0 build 379 (〃)
VSpstn 2.6.0 build 367 (〃)
VStollbp2.8.0 build 367 (〃)
VSjpatch1.1.0367,Patch#1
Windows NT4.02.0----------------

●特 徴

NOKIA IP Telephony システムはCP、SCN、GWの3つの要素より構成されます。
これら各ノードはPC(AT-互換機)であり、それぞれに必要なシステムがインストールされます。

表-2.システムを構成するノードとその機能
ノード機 能
Call Processing Server (CP) 各ノード間の通信制御とシステムリソース管理を行う
Services Controll Node (SCN)課金および通話パスを管理する
IP Telephony Gateway (GW) PSTN回線とIPネットワークのゲートウェイ
システムソフトウェアの他にDSPカード等を追加する。
BRI、T1回線が利用可能。

システムの必要な情報・設定はCP、SCNにより管理されます。集中管理型といって良いでしょう。
システムの設定・管理の為にVCTool、SCNmenuというGUIのツールが用意されています。
各ノードの役割もきっちり分けられているので、システムの設定・変更は比較的楽なのではないかと思われます。


システム監視機能ですが、これはツールとしては用意されておりません。
但し、本システムが吐き出すシステムログは詳細に動作状況を報告するので、動作確認および障害時にはこれを利用します。
回線状況をリアルタイムで調べたい場合にはQ.931の知識が必要になるので少々骨が折れます。

各ノードのネットワーク間通信について、障害時には自動復旧機能が働きますが、 瞬間的なIP断線状態になったときには、多くの場合PSTN回線に影響が出るようなので、
運用の際にはこの点、注意を要すると思われます。

cf.
ノキア社(フィンランド)
http://www.nokia.com/main.html
ノキア社(日本)
http://www.nokia.co.jp/
IP Telephony System について
http://www.nokiaiptel.com/

●システム各論

システム全体

1.1 NOKIA IP Telephony system概要
1.2 システム設定・管理ツール概要
VCTool
SCNmenu
1.3 GW間の経路指定周りの設定項目について
1.4 通話パス例
1.5 NOKIA IP Telephony systemのインストール方法
各マシンにインストールするコンポーネント
インストールに先立って行うべき事
インストール方法
1.6 システムのディレクトリ構成

CP,VCTool

2.1 VCTool設定方法について
VCTool起動
Gateway:GWの登録、設定
Group:Trunk Groupの登録、設定
Toll Bypass:Toll Bypassの登録、設定
変更項目を有効にする
2.2 VCToolによる海外キャリア設定例
T1 Card Configrationの設定例
BRIの設定例

SCN,SCNmenu,SCNUtility

3.1 SCNmenuによるRoutesとAccountsの登録
3.2 route prefix 設定上の注意点
3.3 アカウントの一時停止
3.4 アカウントの同時アクセス数制限/総通話時間制減
同一アカウントの同時アクセス数制限
任意のアカウントの総通話時間制限
3.5 SCN Utilitiesの概要
3.6 SCN UtilitiesによるRoutesとAccountsの登録
アカウントの一括登録・変更
ルートプレフィクスの一括登録・変更

GW

4.1 カードのLED
DSPカードのLED点滅のパターン
BRIカードのLED点滅のパターン
T1カードのLED点滅のパターン
4.2 回線の利用形態
4.3 トールバイパス指定の表記方法
4.4 ボイスプロンプトの変更手順
4.5 CDR Log メッセージ
4.6 正常でない電話番号の入力
4.7 複数のGWに1つのトールバイパスを割り当てた際のGWの挙動

その他

5.1 2000年時の挙動調査
2000年時の通話テスト
2000年後のCDRログの書式検証
5.2 LDAPデータのバックアップ
5.3 GW起動スクリプト




[ NOKIA IP Telephony system ] [ CISCO VoIP system ] [ H.323 関連 ] [ b a c k ]

インフォサイエンスではIP Telephony system の構築、運用についてのご相談・ご用命を承っております。voip@infoscience.co.jp までご連絡下さい。