back top next
■Spamghetti の機能

Spamghetti は単なる spam フィルタに留まらず、次のようなさまざまな機能を持っています。

【メールプロキシ機能】
基本的な SMTP proxy としてのメールの送受信機能はもちろん、不正中継の防止や、POP before SMTP による認証にも対応しています。

【 メール解析機能】
さまざまなメール形式に対応した解析機能を備えています。エンコード形式は BASE64, Quoted-Printable, UUEncode に対応し、添付ファイルのアーカイブ形式は LHa, ZIP, tar, gzip に対応しています。本文だけでなく、ヘッダもすべて解析します。

【メールフィルタ機能】
ポリシーと呼ぶフィルタ条件によるチェックをおこないます。チェック条件としては各種ヘッダ、本文、エンベロープからのさまざまな組み合わせを WWW インタフェースから設定することができます。

添付された Word や Excel、PDF などの形式にも対応しており、これらの中に含まれる文字列でフィルタを掛けることも可能です。

フィルタ後のアクションとしては、拒否、廃棄、転送、ログ保存、転送許可から自由に選択することができます。

【アンチウィルス】
ウィルスの検知、駆除、削除といった基本的な機能に加えて、差出人や管理者に警告を通知することもできます。

【ドメイン管理機能】
複数のドメインを1つのサーバで管理できます。

【ユーザ管理機能】
利用するユーザを管理します。

【ポリシー管理機能】
メールフィルタのためのポリシーとして、ドメイン共通のものと、各ユーザ個別のものとを別々に管理します。

【全メール保存機能】
全メールをログとして保存できます。ポリシーの条件に引っかかったメールを後から読み出すことも可能です。

【統計機能】
ポリシーの使用頻度を表示します。ポリシーがたくさん設定されているとフィルタが遅くなってしまいますから、必要最低限のものだけを設定できるようになります。

メールの利用状況も集計します。メールサーバ全体の処理状況や、各ユーザが送受信したメールの量も表示します。

back top next
Copyright(C) 1995-2003 Infoscience Corporation. All rights reserved. 
※このページの内容は 『FreeBSD PRESS No.16 (2003 MAY) 毎日コミュニケーションズ刊』 に掲載されたものです。