インフォサイエンス株式会社

インフォサイエンスの魅力

社員のキャリアディベロップメント

世界で通用するプロフェッショナルに!

みなさんがインフォサイエンスを選ぶことのメリットはどこにあるのか。それをここではお話ししたいと思います。

 まず、大手のIT系企業に就職した場合を考えてみましょう。
 階層化や事業の細分化が徹底された大手IT企業では、「1から10まで、すべての工程に関わる」といったスタイルの仕事はまず出来ないと言っても過言ではないでしょう。人数も多ければ、セクションも細分化され、より「専門領域に特化することが重要とされる」という特有の美徳があるからです。よって、相応の立場で、ある程度プロジェクトの全体像を意識しながら仕事ができるようになるには、数年間の“下積み”が必要となることでしょう。同時に組織が徹底的に細分化されているため、責任範囲は自ずと狭い範囲にとどまります。

 一方、常駐派遣型のIT企業の場合は、原則としてクライアント先に常駐して作業を行うことになるだけに、プロジェクト毎に異なる開発環境を取得できる、というメリットがありますが、帰属としてはあくまでも外部の人間であるがゆえ、「プロジェクトの中核役を担う」という役割への成長はかなり難しいと言わざるを得ません。また、開発手法に関しても、自ら情報収集し取得したものを使う、ということは許されず、基本的にはクライアントの意向に沿ったものを使わざるをえません。つまりは、「受け身」を基本スタンスとした仕事が必然的に多くなるということを意味します。

 ではインフォサイエンスはどうなのか。
総勢100名というこの規模で、大手から中堅・中小に至る数多のお客さまに開発から運用に至る幅広いITサービスを提供しています。必然的に一人のエンジニアが負うべき責任範囲や裁量権は広くなり、一般的なIT企業よりもかなり早いタイミングで顧客との要件定義やマネジメント、設計といった上流工程に関わることになります。それがエンジニアを大きく成長させるなによりのカンフル剤となります。決して楽ではありませんが、そこから得られる経験と知識は大きなものがあることでしょう。

 また、プロジェクトにおいても、「独立系のシステムインテグレータ」という成り立ちを持つことから、特定分野にとどまらない、幅広い業種業態にお客さまに向けた開発や運用に携わることができ、ここでも幅広いノウハウを研鑽することができることでしょう。

 インフォサイエンスで磨けるスキルは技術スキルだけではありません。
 ユーザーと直接やりとりを行なう機会も多いことから、コミュニケーションスキルはもちろん、自分のチームを取りまとめるマネジメントスキルなども早い段階から磨くことができます。限られた開発分野にこだわり、専門性を追求するキャリアプランもあると思いますが、やはりエンジニアとして未来ある成長を目指すのならば、お客さまと直に接し、コンサルティングや上位設計、チームマネジメントといった上流工程に携わるべき、というのが我々の考え。そしてインフォサイエンスでは、早い段階から、そうした経験を積むことが可能です。ぜひインフォサイエンスで、世界に通用するプロフェッショナルを目指してください。