インフォサイエンス株式会社

社内イベント

カートレース2016夏 雨と虹と行列ハンバーガー      2016年7月31日(日)

7月31日(日)に開催された「企業対抗カート耐久レース」に今年も参加してきました!

このイベントは毎夏行われており、参加者も年々増えて、ついに応援団を含め総勢150名のビックイベントとなりました。
今年からは安全面を考えた初心者も参加しやすい「ノービスクラス」と、よりレーシーな「エキスパートクラス」が設けられ、午前と午後に分かれてレースが実施されました。

午前の「ノービスクラス」には計13チームが参加し、インフォサイエンスからは女性だけで編成したチームで参戦しました。
このクラスには操作性に優れた最新マシンが用意されたこともあり、皆さん気持ちよく走っていました。

しかし、この日の天気予報は「局地的な大雨」。残念ながらその予報が的中してしまい、1時間ほど経ったところで、ものすごい豪雨! 
レースは中断、そのまま終了となってしまいました。これから巻き返していこうというところだったのに、まさに「恨みの雨」となりました。

ノービスクラスのレース終了後は、恒例の各社食材持ち寄りによる「ランチタイム」です。
インフォサイエンスからも、毎年好評いただいているハンバーガーを提供しました。

ただ、今年はちょっとしたアクシデントが起きてしまいました。これから準備に取りかかろうというところで、雨により突然レースが終了。
作業を急いだものの、「インフォ・バーガー」を楽しみにしているこのイベントの常連さんたちが、早くも列を作り始めてしまいました。
このような大盛況で、用意していた70食のハンバーガーはあっという間になくなりました。

さて午後の部。計12チームが参加した「エキスパートクラス」のレースが行われました。インフォサイエンスからは2チーム参戦しました。
午前のレース中に降り出した雨は既に上がり、予選は乾いた場所と濡れた場所のある、難しい路面コンディションでスタートしました。

ベテランドライバーが多いにも関わらず、濡れた路面によってスピンしてしまうドライバーが続出。
スピンするとその直後を走行するマシンが追突してしまう危険がありますが、皆さんさすがのテクニックでそれを回避、大きな事故もなく予選終了となりました。

実は、予想された雨に備え、各社のマシンには予選から溝付の「雨用タイヤ」が装着されていました。
雨用タイヤは乾いた路面ではゴムの消耗が激しくなり、グリップ力が一気に低下します。予選が終わったころには路面がだいぶ乾いていたので、本戦はスタート時間をわざと遅らせ、世にも珍しい「雨待ち」のスタートとなりました。

13時半、待ちに待った雨が降り出し本戦がスタート。その後もまた豪雨となってしまい、一時レースは中断しましたが、リスタート後は小康状態を保ち、なんとゴールの2時間後にはきれいな虹も見られました!

私たちのチームは途中でマシンが壊れたり、調子が悪くなって調整し直したりで、決して順調なレースではありませんでしたが、事故なく無事にゴールできました。

今回は激しい雨もあり、着ていたレーシングスーツもずぶ濡れとなりました。しかし、難しい路面の上でマシンをコントロールし疾走する感覚には、ちょっとした快感を覚えました。貴重な経験ができて、おまけに虹まで見られるなんて、雨もまんざらでもないですね。

興味を持った皆さん、来年の参加をお待ちしています!