インフォサイエンス株式会社

社内イベント

カートレース 2014夏      2014年7月26日(土)

実は数年前から参戦している「カートレース」ですが、これまであまり皆様に報告ができていないのでは、と個人的に感じていました。今回、ようやく現場で様子を見ることができましたので、レポートします。
うまく雰囲気が伝わると良いのですが、、、。

開催日は7月26日(土)、朝からものすごい暑さの中、9時に現地の新東京サーキット(千葉県市原市)に集合しました。
ここはアイルトン・セナやジャン・アレジ、芸能人ではとんねるず等も訪れた、実は有名なサーキットなのです。

なお今回の大会ですが、他にも数社が参加している関係で、参加ドライバーは72名、応援の方も含めると100名を超える「ビック・イベント」となりました。

それにしても、暑い!
カートに乗っている時以外は屋根のある日陰にいたのですが、それでも暑い・・・。ただ昼前くらいからは少し風も吹き始めて、なかなかの「カート日和」となりました。

まず午前中は、予選とフリー走行(練習走行)が行われました。

カートと聞けば、遊園地にある「ゴーカート」を思い浮かべる方も多いと思いますが、スピード感がまるで異なります。
実際に走っている様子を見ると、その速さと大きなエンジン音に度肝を抜かれます。いや、速いのなんの!

時速は70キロほどですが、運転席が地面と近いことにより体感スピードがかなり高いことと、横に振られる「G」が非常に強いことから、かなり体力・判断力を使う激しいスポーツであることが、近くで見ていてよく分かりました。

さて我々インフォサイエンス・チームですが、ちょっとした運転ミスで、カートがコントロール不能となったアクシデントもありましたが、なかなかの速さで走るメンバーが多く、驚きました。

ひとしきり走った後、ランチタイムとなりました。お昼は、参戦している各社で食材を持ち寄る「BBQスタイル」で、お肉や海産物も用意されていました。我々も、恒例となっている「出来たてのハンバーガー&ホットドック」を現地で準備し、参加者の方々に振る舞いました。味は毎年なかなかの高評価とのことで、用意した各50食、計100食分があっという間に品切れになりました。

何度かカートレースに参加している「ベテラン社員」が多いこともあり、肉を焼く社員、パンに挟む社員、トッピングをお客様にすすめる社員と、うまく役割分担をしながらシステマティックに動いて、その手際の良さはピカイチでした。

昼食後、フリー走行を挟んで、いよいよ2時間耐久レース本戦へ!

我々は今回2チームエントリーし、それぞれ8番、9番グリッドからのスタートと、まずまずの位置を確保しました。
2時間という長丁場の為、15分から25分程度でドライバーをチェンジしながら走り抜きます。

他のチームは4名〜6名で交代しながら走行するのですが、インフォサイエンス・チームは、少数精鋭(!)の3名で順に交代して走る為、走ったと思ったらすぐに次の番が来てしまいます。なかなかタフなレースでした。

レース結果ですが、クラス別成績として、Lightクラス堂々の1位(!)と素晴らしい結果となりました。

カートは初めてだけど運転してみたい人、またインフォサイエンス・バーガ&ホットドックの味を堪能してみたい人は、ぜひ次回以降このイベントに参加してください!レースはちょっと、、、という方でも、練習走行時間だけ走る事が可能なので、気軽に参加できます。

一日終わると身も心もぐったり、でもとても充実した「非日常体験」が出来て、リフレッシュになりますよ!