インフォサイエンス株式会社

社内イベント

RUNNET EKIDEN 2012東東京大会      2012年4月22日(日)

今年も恒例となった春の「駅伝大会」の季節がやってまいりました。

 

今回は常連メンバーに加え、4月1日に入社した新卒の二人も参加し、まだ交流の少ない社員同士の良い交流の場となりました。

 

当日は少々肌寒いあいにくの天気となってしまいましたが、マラソンが終わるまで雨に見舞われることもなく、むしろ走るにはちょうど良いくらいの気候でした。

 

恒例の仮装ランナーも今年も多数参加し、見ているだけでも十分に楽しむことができた大会だったのではないでしょうか。

 

天気が若干不安だったこともあり大会終了後の昼食会は少々急ぎ気味となってしまいましたが、それでも最後まで天候が崩れることはなく、社員同士の親睦を深める良いイベントとなりました。
これも皆さんの日頃の行いの賜物と言えるのではないでしょうか。

 

次回は秋の参加となりますが、今度はどのようなイベントになるのか期待に胸が膨らみます。

 

 

(写真はクリックすると拡大できます)

 

 

 

 

 

 

駅伝大会は人生初のチャレンジでした。
中々身体を動かす機会もなかったので、本番2週間前ぐらいから軽く練習がてら走ってみようかなと意気込んでいました。
しかし、結果は身体を動かしたといえば犬の散歩ぐらいで当日を迎えてしまいました…。

 

会場は荒川河川敷。大学時代所属していた野球サークルの練習場で、いってしまえば私のホームグラウンドでした。

 

走った距離はたかが5km、されど5km。
標識が初めて見えたところでようやく半分まできたか、と喜んだのもつかの間、たった1km走っただけでした。
今の私にとっては大変長い道のりでしたがホームグラウンドで戦っているという意地もあり、無事に走り切ることができました。

 

入社1ヶ月目の私にとって、普段より中々話す機会のなかった先輩方と多く話すことができ、貴重な1日を過ごすことができました。

(社員M.Y)

 

 

4月22日、駅伝大会当日。ついにこの時が来てしまったかと感じました。というのも高校、大学と運動系の部活ではなかったため、マラソンなどの長距離を走ることは全く無く、また、幼少の頃から長距離走そのものが苦手だったため完走できるのかとても心配でした。

 

当初3kmを走る予定でしたが急遽5kmになり、『完走できるかな、どうかな』などと考えているうちに寝付けなくなり、睡眠時間1時間半で当日を迎えてしまいました。

 

さて、マイペースで走ることを念頭にスタートし、途中で1.5km(3km折り返し)地点を通ったのですが、3kmだったらここで折り返しか・・・とうらやましく思いつつも通過しました。大丈夫、こっちだってあと1kmで折り返しだ!と自分に言い聞かせて走るも5kmの折り返し地点である2.5kmがなかなか見えてこなかったので心が折れそうになりました。ようやく2.5km地点を通り過ぎ、少しするとそこからランナーズハイらしき症状が・・・。そこからは息が苦しい状態から開放され、両足の耐久力との戦いになりましたが5kmを無事走り終えることが出来ました。

 

走った後は先輩社員さんとのビールを飲み交わし、楽しい一時を過ごせました。
いやぁ~、運動した後の1杯は格別ですね。

 

今回の経験から日頃の運動不足が露呈してしまったので、日々の生活で運動することも考えなければいけないなと改めて思いました。
また、出場し完走したというところでやりきった感を味わえたことが1番だったのではないかなと感じています。

(社員N.S)

 

 

<戻る>