インフォサイエンス株式会社

インフォサイエンスの強み

 1995年、企業向けにインターネットサーバーの運用を手がけたのがインフォサイエンスのスタートであり、今でもこのサービスをベースにさまざまなサービスを提供しています。その一つが開発から運用までを自社のみで完結させ、ご提供するという包括的なITサービスです。
 単にお客さまから依頼されたシステムを開発して終わり、というのではなく、そのシステムが常に安全かつ快適に稼働するよう、システム運用面も含めてご提供させていただくのがインフォサイエンスのスタイルです。
 これにより、お客さま側のシステム運用の手間と労力が省けるのと同時に、万が一システムにトラブルが発生した場合でも、責任の所在が明確なだけに迅速な対処が可能となります。そして何よりも大きいのが「ビジネススタイルに合わせて自在にシステムを発展させる」という考えに基づくシステム運用が可能となることにあります。

お客さまとシステムを“育てる”DxDソリューション

 状況がめまぐるしく変化する時代の中では、ビジネスの中核を担うシステムもすぐに陳腐化してしまいます。そうした状況においてインフォサイエンスの包括的なITサービスでは、開発と運用が一体となっているだけにお客さまのビジネスに呼応して最適な機能追加や改善を加え、真にビジネス戦略にマッチしたシステムへと成長させていくことが可能です。運用にあたっては免震構造および生体認証システムをはじめとする高度なセキュリティに守られたデータセンターを自社ビル内に完備。これがDevelopment(開発)とDatacenter(運用)を融合させて提供するという、インフォサイエンスならではの「DxDソリューション」です。

 インフォサイエンスのエンジニアがお客さまと共に考え、めまぐるしく変化するビジネスに呼応して常にシステムの最適化に努め、お客さまと一緒になってシステムを育て上げていく――それはあたかも、植えた木が実をつけ、さらなる実りをもたらす大樹へと成長するよう精魂込めて育て上げていく行為と似ています。「開発して終わり」とせず、そこを起点に実りある発展を目指す。それがインフォサイエンスの基本スタンスです。